跡が残る妊娠線は対策や治療をして早めに問題解決をする

妊娠線ができたら様々な治療を試して解決していこう

妊娠線ができる原因と症状が出やすい人

急激に皮膚が伸長することによってそれに耐えられなくなり妊娠線や肉割れが起こってしまいます。妊娠している方の中には妊娠線ができやすい人もいればできにくい人もいるとされています。また妊婦に限らず痩せている人も肉割れが起こることもあるので注意をしましょう。

症状が発生したら適切なケアをすることが大切

妊娠線は一度できると跡が残る可能性が高いです。妊娠線ができるとクリニックで治療をすることが必要になりますが、そうならないためにも妊娠前や妊娠中はしっかりケアをしておきましょう。妊娠線予防クリームなども登場しているので、使うことで保湿を維持して妊娠線ができにくくなります。

誰でも手軽に取り入れられるサプリメント

手軽にできる妊娠線の治療としてはサプリメントが挙げられています。専用のサプリメントには皮膚の再生を促す効果が期待されているので、それにより新しい皮膚をつくりやすくなります。レーザー治療などに比べて即効性はないため、長く服用していく必要があります。

妊娠線を消すために良い治療や対策BEST5

no.1

レーザー治療

妊娠線除去のための治療法の一つとしてレーザー治療が挙げられています。レーザーによる治療は早いと10分程度で完了するとされています。国から認められた専用器具での治療になるので、安心安全に治療をすることができます。

no.2

専用の保湿クリーム

妊娠線は肌の乾燥でも起きやすくなるので、妊娠前からお腹にしっかり保湿クリームを塗ることで保湿を維持することができます。肌の奥まで浸透させて瑞々しい肌を保つようにしましょう。コラーゲンやヒアルロン酸などの成分が含まれています。

no.3

油分を含むオイル

保湿クリームには保湿成分が豊富に配合されていましたが、オイルには大量の油が使われています。オイルとクリームでは保湿力がオイルの方が高いとされているので、たくさんの保湿を肌に浸透させて妊娠線を予防することができるでしょう。

no.4

エクササイズ

妊娠をしてお腹の脂肪が伸びることで、出産をしたときにお腹がたるんでしまうことがあります。日々エクササイズや運動を繰り返すことで身体を引き締めてたるみを改善することができるでしょう。

no.5

サプリメント

サプリメントには多くの栄養が含まれているので、服用することで身体の中に直接成分の効果を浸透させて妊娠線予防にも繋げることができます。サプリなら忙しくても毎日続けていくことができるでしょう。

広告募集中