コンプレックスの一つである妊娠線は適切な治療で改善

クリニックで妊娠線の治療

クリニックで専門的な治療を行なっていく

昔は妊娠線を消すことが難しいとされてきましたが、現在は医療の進歩に伴って妊娠線除去に良い治療が受けられるようになっています。クリニックによって施術方法が異なるので、まずは相談をしてみましょう。治療をすることで起こる副作用のリスクもあることを把握してください。

費用面は予め相談をして治療を受けるか検討をしよう

妊娠線の治療には保険が適用されないため、どの治療法も高額になることを理解しておきましょう。特にレーザー治療は何回か受けることで数万以上かかることもあるので施術を受ける際には注意してください。クリニックによっても費用が違うので、費用重視の方は費用負担の安いクリニックにしましょう。

人気のクリニックを見つけるなら情報サイトを参考

日本全国には多くのクリニックがあるので、妊娠線治療のためのクリニックを探すなら情報サイトを参考にしてみてください。口コミによるランキングもあるのでそこから人気上位のクリニックを見つけることができるでしょう。

副作用のリスクもあるので術後は注意をしよう

レーザー治療などは妊娠線に良い効果が期待されていますが、そのかわり副作用が発生する可能性も高いです。代表的な副作用としては軽い火傷や肌荒れなどがありますが、人によっても症状が異なるので事前に医師と確認をしておきましょう。

コンプレックスになったきっかけランキングを紹介

no.1

水着を着用するときにお腹を気にして服を選ぶようになった

妊娠線はとても目立ってしまうので、水着などでお腹を出せなくなってしまうことがあります。ファンデーションで隠すとしても水着なら海に入る機会も多いため、隠してもまたすぐに妊娠線が見えてしまうでしょう。着用する衣服にも制限がかかってしまいます。

no.2

異常があるように見えて友達から心配されてしまうようになった

着替えをしているときや旦那や友達にお腹を見られてしまうことがあります。症状の酷い妊娠線や肉割れだと他の人に心配されてしまうこともあるのです。また肉割れにって肌が紫色になると他の病気を疑われてしまうかもしれません。

no.3

病院へ行ってお腹を診察されるときが怖い

病気治療のために病院へ行って問診を受ける際には、医師にお腹を見せることが多いです。そのときに医師の目が気になるという人もます。妊娠線は普段の生活で隠すことができますが、時には他人にお腹を見せなければならないこともあるのです。

no.4

鏡に映る自分が醜くて、鏡を通してお腹を見られなくなりました

妊娠に限らず、太っている人がダイエットをした時にも妊娠線のような線が出てきます。痩せた体型をじっくり見たいときは鏡を見ることが多いですが、お腹の妊娠線が酷い状態だとお腹を避けてしまうようになるでしょう。妊娠線があることからお腹をあまり見ないという人も多いです。

no.5

太ももに妊娠線ができて短いズボンを履けなくなった

実は妊娠線はお腹だけではなく太ももや胸、二の腕など身体のどこにでも発生する可能性があるのです。お尻にもできますが、なかなか自分では気づきにくい部位の一つであるといえるでしょう。

広告募集中