コンプレックスの一つとなる妊娠線は早めに解決をしよう

これから妊娠をする人の多くは経験してしまうもの

妊娠をしてもきちんと保湿ケアをしていれば妊娠線ができる確率を減らすことができますが、何もしていないとハッキリ妊娠線ができてしまいます。目立つとコンプレックスの一つになるので、すぐに予防や治療をはじめましょう。

悩みの種の妊娠線を改善

出産をした後はお腹に線が残る人も多いため、クリニックでの治療が必要

妊娠や出産をすることでお腹に妊娠線ができてしまう人も多いです。一度妊娠線ができるとなかなか消えませんが、適切な治療をすることで改善することが可能です。病院ではレーザー治療や炭酸ガス治療などが受けられるので、まずはクリニックを探しましょう。

妊娠線はどうやってできるのか?

妊娠をするとお腹が膨らんでくるため、それにより皮膚が引き伸ばされて亀裂が生じてしまい妊娠線が発生します。妊娠線とともに肉割れともいわれており、妊娠をした方の7割から8割は妊娠線ができているとされています。

日々の食生活で皮膚の状態を改善していこう

皮膚の状態が薄くなることで起きる妊娠線は、食生活により真皮質の状態を改善できれば妊娠線を徐々になくしていくことができるでしょう。コラーゲンやアミノ酸、ビタミンなどが含まれる食事は皮膚再生に効果が高いとされています。

女性の悩みの一つである妊娠線は適切な治療で解決可能

放っておくといつまでも妊娠線を改善することはできないので、早めに対処するようにしましょう。誤った対策をすると妊娠線を改善できない他にも一生コンプレックスに悩んでしまう可能性があります。疑問を抱いている人の質問や解答を見て参考にしてみてください。

妊娠中の食事管理にピッタリなサプリ
必要な栄養を手軽に補給☆

三次市の薬局で不妊治療を受けよう♪
体質に合った処方箋を出してくれる☆

名医に不妊鍼灸を依頼
評判の高いクリニックを厳選特集♪

<PR>
大阪の婦人科をchoice!
医師がしっかりと対応☆きっと満足できる。

<PR>
不妊治療を受けるなら大阪の婦人科がオススメ!
人気のクリニックとその理由を大公開!

妊娠線に関するQ&Aの一覧を紹介

一度できた妊娠線は完全に除去することは可能でしょうか?

妊娠中にできてしまった妊娠線は簡単に除去することはできませんが、治療によりその線を薄くすることは可能です。専用の治療を受けることで妊娠線特有のしわや乾燥、傷跡を徐々に改善していくことができます。施術方法はいくつかあるのでまずはクリニックでどの施術を受けるか話しをしましょう。

レーザー治療を受けることで得られるメリットはなんでしょうか?

妊娠線改善にはレーザー治療が受けられますが、肌を極力傷つけることなく妊娠線を除去していくことができるので肌負担がかかることもなく安全性が高いです。しかし人によっては完全に線を除去できないこともあるので、必ず完全除去できるものではないと理解しておきましょう。

たくさんの施術方法があるのでどれを受けたら良いのか分からないです。

妊娠線は専門クリニックで治療を受けることができるので、まずはクリニックでカウンセリングを受けてどのような施術方法があるのかを確認しておきましょう。医師から施術の提案をしてくれることもあります。

治療方法は大まかにどのようなものがあるんですか?

一番効果が実感できやすいとされているのはレーザー治療で、表皮だけではなく真皮にレーザーの効果をもたらしてくれるため、皮膚の奥から改善していくことができます。他にも薬物療法や炭酸ガス治療などの治療法があります。

治療を受ける上で保険は適用されますか?

レーザー治療や炭酸ガス治療などは保険適用外となっているため、治療にかかる費用は高額になることが多いです。しかし金額によっては分割での支払いもできるので、支払い方法は事前に医師と確認をしておきましょう。

広告募集中